WordPress

WordPress 投稿ページでPHPを実行したい

更新日:

WordPressはMySQLのデータベースで動いているので、ある情報でデータベースで管理して投稿ページで参照出来ないか調べていました。

データベースを参照しようとするとPHPを実行する必要があるのですが、直接書いても実行できません。

「Exec-PHP」などのプラグインを使うと可能ではあるのですが、セキュリティ上危ないということで、「ショートコード」を経由して投稿ページでPHPを実行することにしました。

ショートコードについて

WordPressにはショートコードという機能付いています。一般的にはマクロ、テンプレートのようなイメージのもので、決まった処理を行ってくれる記述方法のことを言います。

ショートコードの作り方

functions.phpを編集します。

function shortcode_sample_func()
{
return "Hello! Sample";
}
add_shortcode('sample', 'shortcode_sample_func');

投稿ページで

[sample]

と記述すると「"Hello! Sample"」と表示されます。

注意事項

ショートコードを追加する前に注意事項があります

必ずfunctions.phpをバックアップする!

ショートコードを編集する際には必ず編集前にfunctions.phpのバックアップを取りましょう。

コードにミスがあるとサイト全体が真っ白になり、すべてのページに影響を与えます。

まとめ

ショートコードはPHPファイルなので実行したい処理を追加し、ショートコードで実行できるように登録していけば、好きな処理を投稿ページから実行出来ます。

今回投稿ページでPHPを実行する話ですが、ショートコードを使うと処理が共通化出来るので自動的に投稿ページをカスタマイズ出来るようになります。

-WordPress
-,

Copyright© Book Marker , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.