雑記

プログラマのキーボードへのこだわり

投稿日:

こんにちは、だぶる(@double_bookmark)です。

プログラマの仕事道具の一つ、キーボードについて書きます。

 

私の愛用品

もうすぐ10年くらいかもしれない相棒の「Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列

このキーボードを買った理由は一万以下で買えるキーボードで、

手をホームポジションの位置でほとんどのキーが入力出来てしまうコンパクトさが魅力です。

キーボード派閥

プログラマの半分くらいはキーボードにこだわりを持たないでPCに付属のキーボードを使っています。

こだわる人は大体

  • 東プレ Realforce
  • PFU Happy Hacking Keyboard

を使います。

静電容量無接点方式のキーボードを求めるので大体この二つのメーカーに行きつきます。

東プレ Realforce

プログラマはこのシリーズのキーボードを使う人が一番多いです。

PFU Happy Hacking Keyboard

UNIXキー配列が好きな人はHappy Hacking Keyboardを選んでいます。

静電容量無接点方式

家電量販店に行った際には静電容量無接点方式のキーボードに触れてもらうとわかりますが、キーが非常に軽く押せます。

このキーの軽さが魅力で2万近くするキーボードでも壊れたとき用の予備まで買っている人もいます。

 

まとめ

Happy Hacking Keyboardの一番良いと思っているところはCAPSLOCK が特殊キーでないと押せないことです。

間違ったときに削除して、CAPSLOCKを外してと戻り作業が一切なくなるのは非常に良いです。

良く使うControlボタンが大きく押しやすくなっています。

 

少し話がそれますがMac風にスペースの左右にある「変換」、「無変換」キーを「IMEオン」、「IMEオフ」と割り当てています。

トグル式での切り替えでないので今の状態を確認しなくてもIMEオン、オフが可能になります。

ソースコードに間違って日本語を入れてしまうミスがなくなるので効率良くコードが書けます。

 

 

 

 

-雑記
-, , , ,

Copyright© Book Marker , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.