Web

OCN光を使うメリット

更新日:

 

こんにちは、だぶるです。

世の中インターネットプロバイダってたくさんありますよね。

  • So-net
  • ビッグローブ
  • plala
  • DTI
  • excite
  • nifty
  • OCN

私自身インターネット回線をADSL、UQWiMAX、光通信と変えてきました。

インターネットプロバイダはいつもビッグローブを使っていましたが、今はOCN光を使っています。

その理由についてお話します。

必須条件

インターネットプロバイダを選ぶときの基準として

  • 安いこと
  • 光通信であること
  • 固定電話を置けること

「固定電話を置けること」が一番のキーポイントとなりました。

固定電話

固定電話が欲しかった理由としては何かあったときに必ず家につながる連絡手段が欲しかったからです。

携帯電話だとマナーモードで気が付かない、会社に置き忘れてしまったなど連絡が取れない場合があります。

普通にNTTと契約すると加入権3万円月々1700円かかります。

3万かかるなら携帯電話契約して家の決まった位置に置いておく方が良いと思い、NTTの固定電話は候補から外し、IP電話を候補に入れました。

IP電話

フレッツ光の「ひかり電話」、YahooBBの「BBフォン」などがあります。

OCNにも「ドットフォン」というサービスがあり、それが決め手となりました。

「月々の料金+機器のレンタル代金」で比較していきました。

OCNのドットフォンが月々300円で専用機器もレンタルではなく譲渡で無料(当時)でした。

IP電話で相手の番号を通知してくれる機能も300円のサービスに含まれており、他社だとオプションになっているので魅力的でした。

他社は合計金額が1000円を超えるものがほとんどで、IP電話を含めた合計金額で一番安いOCNを選ぶことになりました。

実際にドットフォンを使った感想

音の品質は気になりません。実家に電話をするときはいつもドットフォンを使っています。

家族が家にいることがわかっているが、携帯に電話をしても気が付いてくれないときに固定電話の方に電話すると必ず取ってもらえるので便利です。

ドットフォンと携帯、双方向で相手の番号がわかるのも便利です。

ドットフォンの番号は家族以外は誰にも教えていないので、電話が鳴れば家族からというのがはっきりしていて良い運用と思っています。

まとめ

OCNの回線は時々遅いように感じますが、それがマンションが原因なのかプロバイダが原因なのかはわかってしません。

家に固定電話を安く置くことが出来て満足しています。

 

 

-Web
-,

Copyright© Book Marker , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.